神戸・三宮駅から徒歩8分。居心地の良いワークプレイス

内覧のお申し込み お問い合わせ
  • 3月22日(月)
  • イベント
  • 交流会

第26回120交流会「移動貧困社会からの脱却―免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット―」

第26回120交流会「移動貧困社会からの脱却―免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット―」

第26回120交流会「移動貧困社会」

 

3月22日(月)に第26回120交流会の開催が決定いたしました!

 

今回のテーマは「移動貧困社会」。

 

「移動貧困社会からの脱却―免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット―」を編著された、

モビリティジャーナリストの楠田悦子さんに登壇していただきます。

 

 

高齢者が引き起こした、東池袋の多重事故など近年大きく取り上げられる事故のニュースを受け、

社会を上げて高齢者に免許返納を促しており、免許返納者数は年々増えています。

 

しかし、クルマに変わる乗り物がないため、クルマに乗り続けるしかなく、事故の不安に怯えながらハンドルを握り続けている高齢者もいます。

 

そんな中、「高齢者事故からモビリティを考える会」を立ち上げ、

クルマ依存社会の現状や、その原因、あるいは「どうしたら歳を重ねても自由に移動できるようになるのか?」

 

といった視点で解決策の研究を続けている楠田さん。

 

今回の交流会では移動貧困社会からの脱却―免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット―」についてお話いただきます。

 

 

概要

日時 2021/3/22(月)18:30〜20:00
会場 リアルとオンラインのハイブリッド開催 ※会場は定員あり
(オンラインまたは120 WORKPLACE KOBE 会場)
参加費 無料
主催 120 WORKPLACE KOBE

モビリティジャーナリスト

楠田悦子

兵庫県加西市出身。
心豊かな暮らしと社会のための、移動手段・サービスの高度化・多様化と環境について考える活動を行っている。自動車新聞社モビリティビジネス専門誌『LIGARE』初代編集長を経て、2013年に独立。国土交通省の「自転車の活用推進に向けた有識者会議」、「交通政策審議会交通体系分科会第15回地域公共交通部会」、「MaaS関連データ検討会」、SIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)ピアレビュー委員会などの委員を歴任。共著に最新 図解で早わかり MaaSがまるごとわかる本 、編著に「「移動貧困社会」からの脱却: 免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット」(時事通信社)

access
MAP

120 WORKPLACE KOBE

〒651-0086
兵庫県神戸市中央区磯上通4丁目1-14 三宮スカイビル6~8F
TEL.078-806-8651 FAX.078-806-8652
(月~金 9時30分~20時30分 / 土 9時30分~17時30分)

アクセス
各線三宮(三ノ宮)駅より徒歩8分
ポートライナー貿易センタービル駅より徒歩5分
神戸の玄関口[三宮]は利便性抜群のアクセス環境。
多彩な足回りがビジネスチャンスを広げます!
◎5WAYアクセス 各線三宮駅(JR・阪急・阪神・ポートライナー・地下鉄 )
◎神戸空港・新幹線新神戸駅と繋がり、中長距離バスターミナルもすぐ近く
◎阪神高速道路 各線入口へすぐ近く(3号神戸線・5号湾岸線・7号北神戸線)

contact
上へ