内覧のお申し込み お問い合わせ

120 WORKPLACE KOBE

  • 11月12日(金)
  • セミナー

山陽製紙株式会社「競争から共創へ〜紙づくりで循環型社会に貢献する〜」

山陽製紙株式会社「競争から共創へ〜紙づくりで循環型社会に貢献する〜」

 

地球にいいビジネスを、神戸から。

 

「プロジェクト・エングローブ」は、神戸市内の中小企業が中心となって、持続可能なビジネスにチャレンジする神戸市主催のイノベーション創出プログラムです。

 

未来を見据える実践者と経営診断のプロとともに、これからのサステナブル経営を学ぶセミナーシリーズ「オープンゼミ」を毎月開催しています。

 

実践編第三回となるオープンゼミは120会場とオンラインにて開催します!

 


 

オープンゼミ実践編第三回

競争から共創へ 〜紙づくりで循環型社会に貢献する〜

 

山陽製紙株式会社は大阪府泉南市に拠点を置く昭和3年創業の再生紙メーカー。

 

自社のマーケットが縮小していく中で、50年後の社会を見据えて経営理念を刷新、以来14年間、社員と共に経営ビジョンを形にする為に人材育成や古紙再生技術を活かし事業を再構築してきました。

 

近年のSDGsやカーボンニュートラルへの動きの中で、改めて再生紙メーカーとしての強みと、大量のエネルギーと水を消費する製紙業のリスクを同時に意識しながら、環境に配慮した製品開発に力を入れています。

 

代表的な取り組みは、オフィス用紙を封筒や名刺にアップサイクルする”PELP!や、梅の種を炭化して紙に抄き込んだ”SUMIDECO”など。

未来の社会に存在し続けるための挑戦について、ご講演いただきます。

 

講師:山陽製紙株式会社(大阪府泉南市)

 

中小企業診断士チーム「いろどりのやま」による個別経営相談会を合わせて実施しますので、希望する方は応募フォームにてその旨をご記載ください。

 

詳細・申し込みは以下のURLからご覧ください。

https://englobe-kobe.com/news/298/

 

概要

日時 2021/11/12(金)19:00~20:30
会場 120 WORKPLACE KOBE + オンライン同時配信
参加費 無料